転職ノウハウ

社内SEへの転職は難しい?求められる経験(スキルセット)や働き方を解説します。

今はエンジニアとして常駐して働いているけど、いつまでもプロジェクト単位でそのつど面談へ行くのも嫌だし、社内SEに転職したいな。けど社内SEって人気だって聞くし難しいのかな。

 

客先常駐で働いているけど、「いつかは自社内で働きたい」と考えてはいませんか?

そんな時の選択肢として、「社内SEってどうなんだろう?」と思われてるからこそこの記事にたどり着いたのではないかと思います。

また、具体的に社内SEに求められるスキルセットや年収、キャリアアップという点も気になりますよね。

そこでこの記事では、これらの疑問に答えていきたいと思います。

転職活動をする時のポイントについても合わせて解説していますので、どうぞご覧ください。

 

常駐SEから社内SEにはなれるのか?

常駐SEから社内SEへの転職は可能です。

社内SEの職種においては、特に30代~40代で、社会人経験が豊富にあり、スキル的にも幅広く対応できる人が求められている傾向にあります。

何故かと言うと、社内SEというポジションは、社員100名に対して1名在籍していればいいと言われています。

そのため、一人で仕事ができる人や他部署との連携がスムーズにできる人が求められているからです。

そのため、20代だとまだ若いと判断されてしまうことが多く、社会人として、エンジニアとして、成熟している30代~40代の人を採用したいと考えている会社が多いです。

ポイント

求人によっては、社内SEを増員して体制を整えたいという募集もあるため、そういったケースでは20代の若手~ミドル層が求められます。

20代で社内SE志望の方は、そういった求人があった時にはチャンスですね。

 

社内SEに求められるスキルセットは?

同じ社内SEでも、会社によって求めているスキルが異なりますので、その点には注意が必要です。

ただし、多くの場合、社内SEは何でも屋として、社内のITに関することは幅広く対応する傾向にあります。

そのため、一般的な社内SEのスキルセットは以下の5点ですので、ここは抑えておきましょう。

一般的な社内SEのスキルセット

  1. 開発のスキル(SQLやVBAも可)がある
  2. サーバーやネットワークに関する知識がある
  3. ヘルプデスク・キッティング作業ができる
  4. 他部署との調整業務の対応ができる
  5. ベンダーコントロールができる

1~5番まで全て実務経験がなくても、何かしらの経験から応用して対応することは可能だということを伝えられるように、面接に向けて準備をしておくことが大切です。

 

常駐SEで抱える悩みを社内SEになれば解決できるのか?

客先常駐で抱えやすい悩みは以下のようなものがあげられると思います。

客先常駐の悩みポイント

  • 勤務地が定まらない(遠いことが多い)
  • プロジェクトが変わる度に新しい人間関係を構築しないといけない
  • プロジェクトによって勤務時間が変わり、安定しない
  • 夜勤があったり、残業が多かったりしている
  • 有休休暇が取得しづらい
  • 年齢を重ねるに連れ、現場に入れるのか不安
  • 一人での常駐は孤独感がある

1つずつ、社内SEならどうなるのか、見ていきましょう。

 

勤務地が定まらない(遠いことが多い)

社内SEであれば勤務地が変わることはありません。

ただし、オフィスの移転が発生すれば勤務地が変わることになりますが、これは滅多にないと思います。

 

プロジェクトが変わる度に新しい人間関係を構築しないといけない

社内SEであれば、様々な部署の人たちと接する機会があったり、ベンダーとのやりとりも発生はしますが、一緒に仕事をする部署のメンバーについては固定となります。

 

プロジェクトによって勤務時間が変わり、安定しない

社内SEの勤務時間は基本的に固定です。

9:00~18:00であったり、10:00~19:00のケースが多いです。

ただし、会社毎に規定時間は異なる場合があり、また、隔週で土曜出勤がある会社もありますので、転職する時にこの辺りは要チェックです。

 

夜勤があったり、残業が多かったりしている

夜勤や残業については、社内SEでも対応しなければいけない場合もあります。

ただし、プロジェクト毎に忙しさが異なるといったことはないため、平均残業時間や夜勤の有無については、入社前に確認をとれば問題ないでしょう。

 

有休休暇が取得しづらい

客先常駐の場合、常駐先と自社、2つの会社に対して有休取得の申請を出さないといけないですよね。

手続きも面倒なので、結果的に取得しないケースが多いですが、社内SEであれば、もちろん自社の上長にさえ確認をとればOKなので、断然取得しやすいです。

 

40歳を超えても現場に入れるのか不安

社内SEであれば全く問題ない不安です。

おそらく30代からメンバーとして入社すると、40代以降は管理職として部を統括する立場になっていくことが考えられます。

”現場”という概念がないため、ここは社内SEなら安心です。

 

一人での常駐は孤独感がある

社内SEでも孤独になるケースはあります。

何故かというと、社内SEのポジションが、会社であなた一人になるかもしれないからです。

周りの社員はみんな自社の社員となるため、客先常駐で感じるような孤独感とはまた異なると思いますが、もしかすると、技術的に頼れる人は周りにいない環境になるかもしれませんので、社内SEのメンバー構成がどのようになっているのかは、転職する時には要確認です。

 

 

キャリアアップできる?社内SEの不安点

転職に不安はつきものです。

社内SEになりたいと考えている人も例外ではないと思いますので、社内SEに対して不安に感じやすいポイントを確認してみましょう。

社内SEに対する不安なポイント

  • エンジニアとしてのキャリアアップはできる?
  • 社内SEの年収はどれぐらい?
  • 昇給はある?
  • サービス業の社内SEだと土日も出勤?
  • 社内の人間関係が良くなかったら?

 

エンジニアとしてのキャリアアップはできる?

社内SEでは、エンジニアとしてのキャリアアップは難しいでしょう。

何故なら、通常のSEは作ったシステムを販売したり、運用することでランニングコストを払ってもらったりと、サービスを提供しています。

対する社内SEは、社内のシステムを管理するだけなので、それによって売上アップを狙っているとか、そういった職種ではありません。

その分納期がなかったり(曖昧で明確に決まっていなかったり)、大きなトラブルといっても社内での出来事になりますので、話し合いで解決できることがほとんどであるなど、全体を見るとプレッシャーが少ないことはメリットと考えることができます。

しかし、社内システムの管理ではなく、他社へ販売するためのシステムを開発したり、クライアント向けのインフラを構築したり運用するような社内SEである場合は、キャリアアップも可能です。

キャリアアップを考えている場合は、業務内容をしっかり確認してから応募をしていきましょう。

 

社内SEの年収はどれぐらい?

厚生労働省の統計データによると、システムエンジニアの平均年収は592万円となっております。

同じデータで社内SEに絞ったものは見当たらなかったのですが、僕が10年間、転職業界に努めていた肌感覚としては、社内SEの平均年収は450万円~500万円といったところです。

これが高いと感じるか低いと感じるかは人それぞれだと思いますが、転職する時の目安としてお考えください。

 

昇給はある?

キャリアアップができないのと同様に、昇給もほとんどないと思っておいた方がいいです。

ただし、役職がつけば一気に上がるケースもあります。

上の人が退職しない限り、ポストが空かないということもあるため、役職につくことが大変だとは思いますが、通常のSEと違い、同じ場所に長く勤めることに意味があるのは社内SEの特徴だと思います。

 

サービス業の社内SEだと土日も出勤?

これは会社によりけりです。

完全にシフトを組んで、土日であっても誰かしら出勤している状態を作っている会社もあります。

サービス業は土日が書き入れ時ですので、そんな時にシステムに何かしらの不具合が発生した場合は、早急に対処する必要があるからです。

そのため、サービス業でない会社の社内SEであれば、土日は休みであるケースがほとんどです。

 

社内の人間関係が良くなかったら?

正直お手上げです。

転職してすぐに上司と合わないことが判明し、もう一度転職活動することになったという人を支援したこともあります。

そもそも社内SEは通常のSEや営業などと違い、人数が少ないので、情報システム部は2、3名ですという会社も珍しくありません。

ですが裏を返せば、既存メンバーも、新メンバーにどんな人が入ってくるのか、一緒にやっていけそうかどうかを判断するため、面接を担当しているケースが多いです。

面接で、一緒に働く情報システム部の人が一人も出てこなかった場合は、入社を決める前に、顔合わせの機会を絶対にもらうべきです。

 

社内SEになるための転職活動方法

応募する会社を探すにあたり、

  • 就業時間
  • 年収
  • 有休取得率
  • 社風
  • 社内で扱っている技術
  • etc

これらを一人で情報収集するのは大変なので、転職エージェントを利用しましょう。

社内SEの転職支援に強いエージェントは、業界大手の【doda】、もしくは社内SE専門の【社内SE転職ナビ】がおススメです。

関連
dodaエージェントサービスの特徴や魅力、口コミや評判について解説します。

続きを見る

 

ただし、ピンポイントですが、メーカー系の社内SEを希望している場合には、メーカーとの取引実績が豊富な【メイテックネクスト】がいいですよ。

関連
【メイテックネクストの口コミや評判】ITエンジニア転職支援についても解説します。

続きを見る

 

尚、【社内SE転職ナビ】は、アイムファクトリー株式会社が運営していて、フリーランスエンジニアの支援事業と合わせて、2つを事業を柱としてサービス展開しています。

フリーランスの支援ができるということは、それだけ様々な企業との繋がりがないとできませんので、そこから社内SEの求人についても多くの依頼を頂いています。

外注やフリーランスではなく、正社員を採用して内製化をしていきたいという会社も近年増えてきているので、社内SE転職ナビにとっては追い風ですね。

また、社内SE転職ナビの社内SEの定義は、「客先常駐がないこと」です。

そのため、事業会社の開発ポジションであったり、ホスティング会社のインフラ構築ポジションなんかも社内SEに当てはまります。

とにかく客先常駐以外の求人に強いので、キャリアアップのことが不安であったり、年収をあげたいと考えているけど、常駐はもうしたくない人にとって、社内SE転職ナビはおススメです。

もちろん無料で使えますので、登録は気軽にしてみてくださいね。

社内SE転職ナビの公式サイトはコチラ

 

【関連記事】【社内SE転職ナビの口コミや評判】

 

まとめ

常駐SEから社内SEになるために、スキルセットや転職活動の進め方について紹介させてもらいました。

社内SEといえど不安要素はありますし、社内SEならどこでもいいってわけにはいかないと思います。

ただし、社内SEに転職して確実なことは、客先常駐からは解放されることです。

それにより勤務地が安定し、就業時間の安定にも繋がります。

そうするとどうなるでしょうか?

  • 家族サービスの時間を増やせる
  • 友人と飲みに行ける
  • アウトドアに出かけられる
  • 映画やゲームなどの趣味の時間を充実させられる
  • 勉強時間の確保ができる

このようなことができるようになると思います。

客先常駐の会社では、いくら待っても自社勤務になることはできません。

社内SEの求人は客先常駐の求人と違って、1社につき1人の募集であることも珍しくありません。

そのため、転職にはタイミングがかなり重要になってきます。

社内SEへの転職を希望するのであれば、求人の情報収集を積極的に行っていくことをおススメします。

 

▼自社内勤務専門の【社内SE転職ナビ】にはこちらから登録できます▼

自社で腰を落ち着けて仕事がしたい方は【社内SE転職ナビ】へ




 

【関連記事】

転職ノウハウ

「書類が通らず面接の機会が少ない...」改善方法について解説。

コロナの影響なのかわかんないけど、応募してもなかなか面接依頼が入らない。どうしたらいいの? このような悩みに答えていきたいと思います。 応募しているのに面接に行けないと不安に感じると思います。 しかし ...

エンジニアの悩み 転職ノウハウ

ITエンジニアの転職は当たり前?転職回数の許容範囲についても解説します。

ITエンジニアは転職が当たり前みたいに言ってる人がいるし、周りにも転職組みがたくさんいるけど、実際はどうなのかな?   本記事ではこのような疑問に答えていきたいと思います。 「ITエンジニア ...

転職ノウハウ

【エンジニア転職】入社してから3年、会社や仕事は変えるべき?

今の会社に入社してからもう3年経つし、他の会社に転職した方がいいか悩んでるんだけど、何を基準に考えたらいいのかな? 転職業界ではしばしば、3年が一つの区切りとされていることが多いです。 あなたも今、「 ...

働き方 転職ノウハウ

プロジェクトマネージャー(PM)とは?仕事内容や役割、必要なスキルについて解説します。

プロジェクトマネージャーってどんな仕事をするんだろう?それにどんなスキルや資格があればなれるのかも知りたいな。 このような悩みに答えていきたいと思います。 あなたは今、「ゆくゆくはプロジェクトマネージ ...

転職ノウハウ 面接対策

エンジニア面接で評価されやすい6つのポイントについて解説

転職活動しようと思うけど、面接行った時に評価されやすい人ってどんな人なんだろう?事前にアピールするべきポイントをまとめておきたいな。 「面接ではどんな人が評価されやすいのか?」 これを知っているのと知 ...

-転職ノウハウ

Copyright© エンジニアのススメ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.