転職ノウハウ

履歴書に添付する証明写真の役割とは?

履歴書に貼り付ける証明写真。

実際この証明写真がどんな意味を持っているのか考えたことはありますか?

僕が新卒の時は、「履歴書ってそういうものでしょ?」という一般常識?を鵜呑みにしてしまって、深く考えたことはありませんでした。

そして、あんまりお金もないし、駅とかに設置されてるスピード写真でも大丈夫だよね!スマホで撮って印刷すればいいよね!という軽い気持ちで撮影してる人も多いのではないかと思います。

しかし、証明写真はやっぱり写真屋さんで撮ってもらうのが一番です。

今回は写真屋さんで撮影するメリットや証明写真の撮れ具合によって何か変わるのか?といった点について書いていきたいと思います。

 

写真屋さんで撮影するメリット

用途を伝えればサイズを間違えることがない

スピード写真機であっても、選択を間違えなければというのはありますが、出来上がってみたら、実はサイズが違くて大きい…履歴書に収めようと思ったら、小さく切ればなんとかいけるけど、顔がやけにアップになってる…こんな写真を僕は何回も見たことがあります。

証明写真は顔だけでなく、首元も写っていた方が見た目がいいです。

写真から感じる印象も異なります。

写真屋さんでは、必ず何に使う写真なのか?を聞いてくれますので、履歴書に貼る用と伝えれば確実です。

ちなみにサイズは4×3(縦×横)cmです。

服装チェックをしてくれる

自己満足とならないのが写真屋さんで撮るメリットです。

ネクタイの締め具合だったり、シャツやジャケットが曲がっていないか、埃がついていないかなど、自分では気付かないところを指摘してもらえるのは安心感もありますよね。

特に写真屋さんは証明写真に撮り慣れていますので、経験者の言うことは聞いて損はないと思います。

姿勢のアドバイスをしてくれる

体や首が傾いてる、正面を向いていない、猫背になってるなど、姿勢に関してしっかりとアドバイスをしてくれます。

姿勢によって見た目の印象はすごく変わります。面接を実際に受ける時もそうですが、きちんとした姿勢であるとそれだけで、「できそうな人だな」って思ってもらえます。

ここにも写真屋さんで撮影するメリットがありますね。

加工をしてくれる

ちょっと反則な気もしますが、今はデジタル技術というか、画像処理というか、とにかく技術が発展してきているので、撮った写真を綺麗に加工してもらえます。

勿論、最近のプリクラのように、目が盛られるなんてことはないので安心してください。笑

撮影する時の照明の調整に加えて、加工技術もあるので、より一層綺麗に仕上げてもらうことができますよ。

 

証明写真は選考にも影響する

書類選考での影響

見た目が9割とはよく言ったものですが、あながち間違ってはいません。

でも単純に、イケメンであるとか、小顔でかわいいとか、そういったものではなくて、目つきや服装、姿勢から感じられる、その人の本気度といったものが重要なんです。

写真だけで合否が出るというものではありませんが、写真と、履歴書の内容(志望動機や自己PRなど)を合わせて、総合的に判断されると考えておくべきです。

ちなみに、極端に笑っている写真、寝癖がついている、姿勢があきらかに悪い、身だしなみが整っていないなどの証明写真である場合は、そもそも社会人としてのビジネスマナーがしっかりしていない人と判断され、見送りになってしまう可能性もあります。

採用会議での影響

面接を終えると、大抵は採用会議が大なり小なり行われます。

ここでも証明写真が役立ちます。

何故なら、面接を担当した人以外、あなたにはまだ会っていないので、どんな雰囲気の人なのかはわかりません。

面接官に評価をされていれば、その評価ポイントの共有と一緒に、証明写真を見て、「だったら会ってみたいな」と、上長の方々にも思ってもらえる可能性が上がるはずです。

せっかくなので、少しでも良い印象をもってもらい、少しでも内定が取りやすくなるように、履歴書と一緒に証明写真も用意されることをお勧めします。

f:id:recruit-engineer:20180920161911p:plain

 

まとめ

写真屋さんで撮影するのは、スピード写真よりも高いですが、単に証明写真を準備するだけでなくて、写真を撮るに当たって、アドバイスをくれるという、一種のコンサル料も払っていると考えれば、

そんなに高いこともないかなと思います。

自己満足の証明写真は必要なくて、見てもらう人に少しでも良い印象を与えることができる証明写真である必要があります。

スピード写真もある程度は綺麗に撮れますし、緊急の時なんかはすごく使えると思いますが、証明写真はやっぱり写真屋さんがお勧めです!

 

【関連記事】

転職ノウハウ

「書類が通らず面接の機会が少ない...」改善方法について解説。

コロナの影響なのかわかんないけど、応募してもなかなか面接依頼が入らない。どうしたらいいの? このような悩みに答えていきたいと思います。 応募しているのに面接に行けないと不安に感じると思います。 しかし ...

エンジニアの悩み 転職ノウハウ

ITエンジニアの転職は当たり前?転職回数の許容範囲についても解説します。

ITエンジニアは転職が当たり前みたいに言ってる人がいるし、周りにも転職組みがたくさんいるけど、実際はどうなのかな?   本記事ではこのような疑問に答えていきたいと思います。 「ITエンジニア ...

転職ノウハウ

【エンジニア転職】入社してから3年、会社や仕事は変えるべき?

今の会社に入社してからもう3年経つし、他の会社に転職した方がいいか悩んでるんだけど、何を基準に考えたらいいのかな? 転職業界ではしばしば、3年が一つの区切りとされていることが多いです。 あなたも今、「 ...

働き方 転職ノウハウ

プロジェクトマネージャー(PM)とは?仕事内容や役割、必要なスキルについて解説します。

プロジェクトマネージャーってどんな仕事をするんだろう?それにどんなスキルや資格があればなれるのかも知りたいな。 このような悩みに答えていきたいと思います。 あなたは今、「ゆくゆくはプロジェクトマネージ ...

転職ノウハウ 面接対策

エンジニア面接で評価されやすい6つのポイントについて解説

転職活動しようと思うけど、面接行った時に評価されやすい人ってどんな人なんだろう?事前にアピールするべきポイントをまとめておきたいな。 「面接ではどんな人が評価されやすいのか?」 これを知っているのと知 ...

-転職ノウハウ

Copyright© エンジニアのススメ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.