転職ノウハウ

内定辞退は可能?みんなどんな理由で辞退してる?

結論からいきましょう!

内定は断ってもいいんです。

「せっかく内定を貰えたのに、面接の時も担当者と話が盛り上がったのに断るなんて気が引けるな…」と考える方の気持ちもわからなくないですが、何も失礼じゃありません。

リクルートキャリアの「就職プロセス調査(2018年卒)」で大学生の内定辞退率を発表したことが以前話題になりました。

これ、実に64.6%だったんですね。

ようは、求人企業側としては、10人に内定を出したら、6、7人には辞退されているってことです。

これはあくまで新卒を対象とした調査になっておりますので、第二新卒や転職組みは含まれません。

それでも、「内定って断ってもいいんだ」ということを認識するには十分な数字ではないかと思います。

今回は内定辞退の背景について書いていきたいと思います。

 

1社ずつではなく、より多くの会社の選考を受けるようになった。

応募する数を増やす→面接に行く数が増える→内定をとる件数が増える。

応募数と内定数が単純に比例するわけではないですが、必然的にこのような流れは出来上がるわけです。

売り手市場(求職者が有利)とはいえ、実際どれぐらい応募して、どれぐらい面接に行けるかなんて、やってみないとわかりません。

結果的により多くの会社に対して応募していくことが増え、内定を複数もらうことになると、入社できるのは1社のみなので、他は辞退することになりますね。

どんなにいいと思っても、それ以上の会社から内定を取った場合は、断ることになってしまうんです。

仕事をしながら転職活動を行う方であれば、そこまで多くの会社を受けることができないかもしれませんが、すでに退職していて無職であれば、新卒と同じようにたくさんの会社を受けることも可能だと思います。

どんな会社がいいのかよくわらないからたくさん応募して話を聞いてみる。というのもなかなか良い手段だと思います。

 

仕事に対する拘りが強くなってきた

とりあえず転職できればいいのではなく、自己実現ができる会社なのかを、会社を選ぶ基準にしている人が増えてきたと感じます。

例えば、エンジニアと一言で言っても、「プログラミングができればいい」だけでなく、アプリを作りたいとか、WEBサイトを作りたいとか、ゲームを作りたいとか、目的が明確になっていて、それができる会社に行きたいと考える方が増えてきたというイメージです。

少しでも希望とズレが生じると、その会社では働きたくないとなってしまうことがあります。

 

ネットの口コミの影響を受ける

これは現代社会だからこそですね。

インターネットの普及のおかげで、口コミが大きな影響力を持つようになりました。

ブラックとか書かれた日には、その口コミを見ただけで辞退するような人もいます。

担当者の対応が悪かったという口コミも見かけますが、それは担当者のただの性格かもしれません。

100人いる会社であれば、自分と合わないと感じる人なんて1人か2人いて当たり前だと思います。

その担当者だけを見て、嫌な会社と捉えてしまうのはちょっと残念に感じます。

また、更に残念なことに、会社の評判としてネットに書かれてしまうのは、こうしたネガティブなことが多いと感じます。

内部のことは入社してみないとわからないこともあるため、難しいところではあるのですが、口コミだけでなくて、自分の目で確かめる努力をすることも大切だと思います。

 

ワークライフバランスを充実させたい

仕事とプライベートをともに充実させたい。だから、残業が少なめの会社や副業OKの会社に就職、転職したいと考えている方も多いです。

ネットには情報がないから面接を受けに行ってみたら、毎月の平均残業時間が50時間あったので辞退します。

珍しくないですね。

僕自身も、仕事はプライベートのためにあるものだと考えているので、これを否定するつもりは毛頭ありません。

ただ、そのような場合は、「それ相応の仕事しか出来ない」ことも多くなると思います。

ちなみにエンジニアの場合、拘りが強くてやりたいことが明確な人が志望するような会社は、だいたい残業はめちゃくちゃ多いことがほとんどです。

何故って?

その場合は流行りのアプリとかサイトを作ってるような会社を志望していることが多く、流行るぐらい人気があるということは、内部のエンジニアは大変な苦労をされていることがほとんどだからです。

理想と現実にギャップはつきものです。

何かを優先すれば、何かの優先度を下げなければいけません。

100%希望に合致するような会社と出会えることはほんとに稀だと思いますので、優先順位をしっかり考えることが大切です。

 

まとめ

今回は内定辞退の背景について紹介しました。

辞退理由は探そうと思えばどこの会社でも探せてしまうと思いますが、それだとネガティブ思考になってしまいますので、その会社に入ったらどんなことができるのか、自分にとってのメリットは何か?と、ポジティブな視点を持って比較検討できるといいですね。

いずれにせよ、内定は断っても大丈夫です。

あなたにも会社を選ぶ権利がありますので安心して転職活動を進めてください。

▼日本最大手のエージェント”リクルートエージェント”にはこちらから登録できます▼

【リクルートエージェント公式サイト】

 

【あなたにおススメの記事】

AIエンジニアは人材不足?気になる年収や仕事内容、将来性について解説します。

続きを見る

-転職ノウハウ

Copyright© エンジニアのススメ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.