現役ITエンジニアインタビュー

55歳・男性・上流から下流まで一貫して担当するSaaSコンサルタント【キャリアインタビュー】

現役ITエンジニアのキャリアインタビュー記事です。

今回はITエンジニア歴32年であり、現在はSaaS企業でコンサルから開発、納品フォローまで全工程に携わっている方になります。

開発やインフラ、セキュリティ対策など様々な経験を積まれてきているため、キャリアの参考にもなりやすいのではないかと思います。

是非ご覧ください。

 

経歴のご紹介

今回インタビューに答えて頂いた方のご経歴はこちらになります。
  • 年齢:55歳
  • 性別:男性
  • 学歴:産業能率大学 経営情報学部 情報学科 卒業
  • ITエンジニア歴:32年
  • 現職:自社開発(Saasサービス)
  • 年収:700万円
  • インタビュー実施日:2022年6月

 

現在の業務内容について

現在はどのようなお仕事をされていますか?

自社ではグループウエア、文書管理(DX)関連の開発とSaasサービスを行っており、私は既存顧客への新サービスの提案、コンサルを中心に担当しています。

一部、古くからのお客様はオンプレで運用頂いているお客様もありますが、こちらは数としては減少傾向ですね。

お客様の現状を伺い、課題解決に向けた提案、契約、契約後のプロジェクト管理を行います。

開発環境としては、Linux,MySQL,Perl,Javaを使用していて、必要に応じてメンバ支援としてプログラム作成、テスト、納品後のサポートと一連のことも行っています。

 

コンサルティングから全工程に携わっているんですね。1日のスケジュールとしてはどのようになっていますか?

現在は基本在宅勤務で、コアタイムはありませんが、おおよそ以下のようなスケジュールになっています。

8:00頃 業務開始
~9:00 一日の作業の段取りなどを確認
~12:00 各メンバーとオンラインにてプロジェクトの状況確認
~13:00 昼食
~16:00 オンラインでの打ち合わせ(お客様及び社内)お客様先にはたまに訪問もします。
~18:00 プロジェクト作業、プロジェクト管理、打ち合わせ後の課題整理及び社内展開
~18:30 業務終了

 

ITエンジニアとしての強み

ITエンジニアとしての強みや得意としているスキルを教えてください。

ソフトウェア開発からセキュリティ対策も含めたインフラ構築に加えて、プロジェクト管理やコンサルに至るまで、多岐に渡り経験してきたことが私の強みです。

お客様と接する上で、これらの知識やスキルを十分に活かすことができていると思います。

 

かなりマルチに経験を積まれてきていらっしゃるんですね。開発とインフラ両方経験されているのは珍しいと思います。

ITエンジニアとして最初に入社した会社では、C言語でのプログラマーを5年程度経験しました。

その後、当時ネットワーク技術者が不足していたことや私自身も興味があったことから、インターネットプロバイダに転職しました。

そこではネットワーク、サーバ構築や管理、セキュリティ関連もあわせて経験することができました。

そして現職では、プロジェクト管理やコンサルなども行っていて、20年ほど経ったという具合ですね。

ポイント

転職する度にキャリアチェンジを行い、エンジニアとしての幅を広げてこられている経歴ですね。

スペシャリストではなく、マネジメントやコンサル系のキャリアアップを考えている場合には、こういった転職の仕方はお手本になると思います。

 

仕事上での悩み

仕事の上で悩んでいることは何かありますか?

実は5年前に過労の影響で自律神経失調症となり、半年程度休職しました。

過去の会社事情としては、残業や休日出勤しないと仕事がこなせないほどの状況でした。

現状では会社の労働状況も改善され、再発はしていませんが以前のような働き方はできないので、なるべく自身で手を動かさずに周りを巻き込み対応するようにしています。

キャリア的には管理する側になりたい願望はないのですが、現状では難しくなりつつあり転職あるいは個人でなんらかの形で業界で働き続けることができないかを模索しています。

 

それは大変でしたね。なぜ休職後に現職へ復帰されたんですか?

同時期に退職した社員も多くあり、環境改善が必要と会社が判断し、労働条件が改善されたためですね。

実際に残業時間はほとんどなくなりました。

 

ITエンジニア駆け出しの頃について

初めてITエンジニアとして働き始めた時は、どんなことを考えながら仕事をしていたのか教えてください。

働き始めたころは、メーカーで電力システム開発に従事していました。

当時はSEが10年後100万人不足する?といったことがよく言われており、仕事して安泰だと漠然と考えていました。

しかし、実際は納期が厳しく深夜や休日対応も多い状態で労働条件が非常に悪い状況でした。

後ろ向きには考えず、幸いインターネットとクラウドのサービス、携帯やスマートフォンの登場で世の中も変わり都度有用と思われる必要なスキル取得を考え転職しつつ現状のスキルが身に着けられました。

違う業界に移らずに色々な技術の進化を見てこれたことが良かったと思っています。

 

今後のスキル習得について

これから勉強して身に着けたいと考えている技術スキルは何かありますか?

ITの世界は、技術を身に着けたと思っても、続々に新しい技術が出てきて数か月後には古くて使われなくなることも珍しくありません。

なので、日々勉強が必要だと考え、以下のようなことは心がけて情報収取や社内社外に関わらず勉強会参加など行っています。

・クラウドサービス関連

各サービスや使い方や応報方法について

・セキュリティ関連

業務として行ってきた時期もあり、自身のスキルテストのため「情報処理安全確保支援士」を受験し二回目で取得できました。

しかし、セキュリティ関連も日々新しい攻撃など発生するので、コミュニティ等で情報収集しています。

・コンサルとして

お客様の会話から何が課題でなにをほんとにしたいのか、という点を引き出すことが難しく自身の課題だと考えており、専門書や勉強会に参加しています。

 

転職活動で苦労したことは?

転職活動で苦労されたことは何ですか?

会社を辞めない状態での活動だったため、面接等の時間捻出には苦労しましたね。

業務の都合と先方(求人企業)の都合を合わせなければいけなかったですし、当時は転職エージェントも主流ではなかったので、全て自分で調整を行っていました。

 

合わせて読みたい
転職活動は在職のまま進めるべき?離職(退職)した場合と合わせてメリットデメリットを紹介します。

続きを見る

 

最後に転職されたのは20年ぐらい前ですよね。求人はどのように探していましたか?

求人サイトより雑誌(紙ベース)がほとんどでしたね。

確かB-ingだったと思います。

そこに載っている連絡先に電話をして、その後履歴書を郵送するという形で応募をしていました。

 

結構時代を感じますね。20年前だとまだスマホもなかったですし、インターネットも今程一般的ではなかったですもんね。

このインタビューを機に求人サイトをいくつか見てみたのですが、色々な業種業態の求人があり、ネットですぐに新鮮な情報を得られるので非常に有用だと感じました。

転職エージェント系は、経歴を登録しておくとオファーが来るという点は使ってみたい気がしました。

 

おすすめの書籍

おすすめの書籍があれば教えて頂けますか?

【孫氏の兵法】

自身の都合ではなく、相手がいるのだからどのように攻めていくのかを現代的に  書かれており、参考にしています。

Amazonへ楽天ブックスへ

 

【竜馬がゆく(全八巻)】

幕末の混沌とした世の中を変えた竜馬の生き方、人との接し方やことを起こす際の  タイミングなど参考になり、定期的に読み直しています。

 

Amazonへ楽天ブックスへ

 

ITエンジニアとしてのやりがい

ITエンジニアとして、楽しかったり、やりがいを感じるのはどんな時ですか?

新しい技術を学び、成功するのは嬉しいものです。

ただ、やはり一番うれしいのは、お客様から「ありがとう」と言われることだと思います。

労働環境の問題があったり、納期が厳しかったり、失敗も多くしてきました。

しかし、振り返ってみると、そのおかげでスキルが身についたり、お客様から感謝されたりと、結果にもちゃんと繋がっているなと感じます。

ポイント

「楽な仕事なんてない」と言われたりもしますが、ITの現場でも厳しいことは多いと思います。

しかしながら、振り返った時に達成感があったり、新しく身についたものがあれば、それは「成功体験」と言えると思いますね。

 

過去の自分へのアドバイス

もし、ITエンジニア駆け出しの頃の自分に何かアドバイスをするとしたら、どんな言葉をかけますか?

あまり考えすぎずに、まずは自分でやってみましょう。

失敗は若いうちはだいたい許されます。

たくさん失敗して経験を積んでいってください。

 

「失敗するなら若いうち。」私も昔勤めていた会社の先輩に言われたことがあります。今思えばまさにそうだなと感じます。失敗するからこそ成長があるといっても過言ではないと思いますので、どんどん挑戦していってもらいたいですよね。

この度はインタビューに答えて頂きありがとうございました。

 

まとめ

今回は経験豊富な現役SaaSコンサルタントの方にお話を伺わせて頂きました。

ITエンジニアとしての駆け出しの頃に加え、ベテランとなっても労働環境によって苦労もされておりましたが、お持ちのスキルは確かであると思いました。

また、転職当時のお話を聞くと、今はインターネットによって非常に便利に、そして様々な情報にアクセスしやすくなったなと実感しましたね。

今後のキャリアを考える参考になりましたら幸いです。

 

業界最大の求人数25万件以上

 

人気記事

ITエンジニア向けの転職エージェントおススメランキング

 

【関連記事】

23歳・男性・運用保守から構築へスキルアップ転職したインフラエンジニア【キャリアインタビュー】

現役ITエンジニアのキャリアインタビュー記事です。 今回は大学を卒業後にインフラ系の保守運用業務からスタートし、上流工程のできる会社へキャリアアップ転職をした方にお話を伺いました。 転職される時には技 ...

55歳・男性・上流から下流まで一貫して担当するSaaSコンサルタント【キャリアインタビュー】

現役ITエンジニアのキャリアインタビュー記事です。 今回はITエンジニア歴32年であり、現在はSaaS企業でコンサルから開発、納品フォローまで全工程に携わっている方になります。 開発やインフラ、セキュ ...

44歳・男性・大手メーカー勤務のソフトウェアエンジニア【ITエンジニアキャリアインタビュー】

現役ITエンジニアのキャリアインタビュー記事です。 今回は新卒で下請けのIT企業へ就職し、15年務めた後に大手メーカーへと転職された経験20年を超えるソフトウェアエンジニアの方にお話を伺いました。 客 ...

41歳・男性・年収1500万円のフリーランスITコンサルのキャリアとは?【ITエンジニアキャリアインタビュー】

現役ITエンジニアのキャリアインタビュー記事です。 今回は転職を7回経験されていて、現在は大手物流会社のDX推進プロジェクトにフリーランスのITコンサルタントとして携わっている方にお話を伺いました。 ...

【ITエンジニアキャリアインタビュー】32歳・男性・化学メーカーでデータ分析業務を担当するデータサイエンティスト。

現役ITエンジニアのキャリアインタビュー記事です。 プロセス開発エンジニアからデータサイエンティストに転職されて10カ月。 製造業界に詳しく、現在は化学メーカーに勤め、主任として研究開発部門のデータ分 ...

-現役ITエンジニアインタビュー

Copyright© エンジニアのススメ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.